<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

春の息吹はしっかりと感じられます

e0091178_21494227.jpg朝の凍て付く寒さもめっきり緩んできました。
6時過ぎに通る朝の散歩道も、太陽の位置が大分高くなってきています。

そして4月のその時期には見事な景色を見せる、ここ見沼の桜もしっかり準備が整ってきているようです。

写真は今日の朝ですが、奥の道を見ても分かるように今日はこの時間人っ子一人散歩をする姿が見られませんでした。

そう、皆さんTVの前で固唾を呑んで見守っていたのでしょうからね。

私は耳にしているイヤホンからアテネの実況を聞いていたのですが、金メダルを取った荒川選手最高でした。
思わず一人でその瞬間には『ウォー』と叫んでバンザイしてました。
2匹の犬には主が狂ったのかと不思議な目で眺められてしまいましたよ。

今日はその後続々と家から出てこられた人々と挨拶の前に
『良かったですね~!!』をお互い連発。

あの大舞台で演技をする重圧、多くの選手がミスを犯す中でしっかりと自分を出し切れる精神力や技術力には、ただただ脱帽です。

国会での茶番や偽装問題など多くの心ある国民が嘆き悲しむ今、この見沼の桜に粛々とそして力強く息吹を感じさせられ、そして彼女の笑顔に救われた気がしました。

スポーツの持つ素晴らしさにまたまた感激です。


 **********************************

女子サッカーに新しい時代が到来でしょうか。
浦和レッズLにプロ選手誕生の話題。

確かに女子サッカーを取り巻く環境まだまだですが、こうした動きが何かのきっかけになるのは間違いないでしょう。
私が大学を卒業した頃のJFLのようですね。
アマチュアのチーム(企業チームやクラブチーム)にプロ選手とそうでない選手が混在しており、うまく棲み分けをしていた時代と。

しかしそのうち、強くなるための近道としてプロ選手の割合を多くしていく中で、段々とアマチュア選手の存在価値や企業チームにその競争に参戦する意義を見出せなくなり、サッカー界はプロ化へ拍車をかけて行きました。

男子はそれで良かったのかもしれません。
しかし女子にもその流れがそのまま通用するかと言うと、私はNOだと考えます。

Jリーグのチームが女子部門を持つことの意義は非常に高いと思います。
しかし、チームが全員の選手をプロ化したり、日中から練習が出来る環境をどのチームでも持てるようになるかと言うと大きな『?』です。

ですから、今一度JFAの中での女子サッカー特にLリーグの位置づけを整理し、リーグ全体での改革や制度作りが必要不可欠でしょう。

このこと無しに今回のような動きが進むと、全体の底上げはできず一部のチームだけの動きに終始してしまい、結局は一昔前のLリーグ全盛期のような一過性のものに終わってしまう気がしてならないです。

とても楽しみが増え期待100倍ですが、その逆もありかと、なかなか複雑な心境です。

by ninho | 2006-02-24 22:59  

どうなる首都高速?!

先日2月定例議会の議案説明を執行部から受けましたが、
私の所属する県土都市整備委員会の中から興味深い内容を見つけました。

内容は日本道路公団等民営化関係法施工法に関わるもので、
要は首都高速道路に関係する都県(東京都・埼玉県・千葉県・さいたま市・川崎市・横浜市)において、これからの整備や新設に関わる費用、今後の料金体制について議決が必要になり今回議案として出されたのですが・・・。

その中には重大な問題が!!

それは料金の額及びその徴収期間についてで

①期間は平成62年9月まで
②料金は平成20年に見直し、その後は対距離料金の導入とする。

えっっっっっっっっ!!!!

なんだどう言う事だ?!

あと45年間有料のままなのか。
無料化になった時には車が要らない社会になってるかもしれない・・・。
その時私は95歳・・・。

そしてもう一つの問題、対距離料金導入についてですが、
執行部の説明によると、現状の700円の料金の基準になっているのが
基本料金200円+1㌔当り29.52円(平均利用距離から換算)だそうで
それを基に考えると
平成20年の新料金システム導入後は戸田南から利用すると
池袋当りまでは安くなるとの事ですが、その先東名高速や中央高速に
入るまでには1,000円以上で1,400円近くかかる可能性も。
羽田空港やディズニーランド行くには更に負担増もありうるとの見解。

しかしこの制度導入にも大きな問題があり、平成20年までに
全車両がETCを装着しているのが前提で、到底不可能。

じゃどうするか、現在首都高速道路株式会社では頭をひねって思案中との事。

私たちとしては関係都県や政令都市とタッグを組み、値上げを少しでも見直しさせ、利用者が納得のいくものにしなければなりません。 

早速さいたま市議と連絡取り合い協議することにしました。


しかしなんのための民営化だったのか。

by ninho | 2006-02-15 12:04  

浦和美園駅周辺開発  ウイングシティ

316ha。
将来の人口予想は+31,200人
総事業費用1,227億円

しかしなんだこの数字は!!
この大きさ、この規模、想像すらできません。

そして今日はその中核を担う
大型ショッピングモールの視察に行ってきました。
e0091178_18332764.jpg


この4月にOPENするイオン。段々と全形が見えてきています。
イオングループ内でも最大級だとか。
敷地面積12ha、延べ床面積9.5万㎡

駐車場台数約3,000台
中にはジャスコ・専門店舗が21店舗
レストラン800席・最大級のフィットネスクラブ
もちろんシネコンもあります。
書籍は35万冊の規模で携帯サイトを使ってお目当ての本が探せる
そんなシステムも導入予定とか。

とにかく凄いの一言。

駅の東側には657戸のマンションも18年中には入居予定。
敷地内には場所柄、テニスコートではなくフットサル場が完備されるとの事。

イオンの北側には19年を目処に172戸の一戸建て分譲も始まる話も。

また、美園駅のロータリー中央部の芝生広場は、埼スタの芝と同様のものをひく計画だとか。

段々とスタジアムの周辺が街となってきています。

そこで私はこの視察でこんな提案もしてきました。

川に架かる橋や駅前道路、公園などに埼スタとのコラボレーションを図った
ネームングライツなどを導入してはどうかと。

街に新しく住む人も利便性はもちろん、街の顔である埼スタとの一体感や
連携を望んでもいるでしょう。

イオングループの方もこうしたコラボレーションをモールの中で作っていくとの話。

サッカーを愛する人間としてはこうした街に住みたいですね。
(ちなみにマンションの最多価格帯は3,600万円との事でした)

しかし懸念材料もあります。
埼スタの試合日とイオンのお客さんがバッティングする
週末の交通渋滞どうなるのでしょうか?
この点については質問してきましたが、問題無いとの答えが。

しかし私はそう思いません。

この点については今後も意見していきたいと思っています。

何はともあれこれからが街作りのスタートです。
インフラの整備も大切ですが、最終的な街の顔になるのは
住む人の笑顔であり、満足度ですよね。

by ninho | 2006-02-03 18:46