ご報告

この度私こと田口禎則は今春の統一地方選への出馬をしないことを決定しましたので、ここにご報告させていただきます。
 
1999年4月に旧浦和市議会議員として市民の皆様の付託を受け、前回の統一地方選では政令指定都市誕生に伴い、さいたま市緑区から県議会に活動の場を移し、主にスポーツ行政や教育問題に対し全力で取り組んできました。
それまでのJリーガーとしての活動とは全く違う環境でしたが、多くのサポーターの皆さんに助けられ、また時には叱咤されながら沢山の経験を得ることができ、微力ながら8年間議員としての仕事を全うすることができました。

この場を借りてご支援頂いた皆様には心から感謝申し上げます。

今後につきましてはこれまでの経験の中から、スポーツ行政や教育行政、特に義務教育の場面において問題視されている不登校や学級崩壊の問題について何らかの形で携わっていきたいと考えています。

具体的には筑波大学時代の恩師である野外運動学の第一人者、現びわこ成蹊スポーツ大学副学長飯田聡氏が代表を務める『幼少年キャンプ研究会』との連携で、今春より埼玉県秩父に自然教育の拠点施設を整備することを計画中です。

この『幼少年キャンプ研究会』は設立が1969年と古く、環境教育や冒険教育及び不登校児童への働きかけなどに対して非常に高い成果を挙げている団体であり、宮城県花山村には自らキャンプ場を持ち、その実践の場として多くの活用がなされています。

しかし残念なことに関東には教育を目的としたキャンプ場などの施設が乏しいのが現状です。 そこで埼玉秩父と言った素晴らしい自然環境が残る地で、この活動を立ち上げることは非常に多くの可能性を秘めているといっても過言ではありません。

議員活動に対して未練がないといっては嘘になりますが、議員としての立場から一度現場に戻り、額に汗しながら様々な問題を抱えている現代の子供たちと膝を付け合うことで本当の教育を肌で感じてみたいと考えています。

そして一人でも多くの子供達の生きて行く力『人間力』醸成のために役に立てれば幸いです。

今後も今までと同様、皆様の心温まるご支援ご高配を賜りますようお願い致します。
[PR]

# by ninho | 2007-02-08 10:31  

どうなってるの?

与党といわれる先生方が教育再生検討会なるものを開催したそうです。

そこでは、これまでゆとり教育を推進してきた文部科学相経験者らが
授業時間数の10%増加などについて「知識向上に重点が置かれている。
ゆとり教育が目指す人間力の向上が大事だ」などと相次いで反対論を
表明したとか。
また体罰の基準緩和を明記したいじめ対応策に関しては、「現場の視点
を持つべきだ」との指摘が出されていました。

確かにゆとり教育の見直しをするにしても再生会議が出した報告では一部
言葉足らずの部分があるのも否めません。
しかし『ゆとり教育が目指す人間力の向上が大切だ』なんて甚だおかしいの
ではないでしょうか。

現状のゆとり教育で、なんで人間力が養えるのか、それこそ現場の視点が
欠落しているいい例です。
前にも話題にしましたが、現状ゆとりで増えたのは正直塾の収益ぐらいで
他に何かあったでしょうか?
土曜日も家族で共に過ごし地域での活動などにいそしむ?
元々こうした時間を有効に使うことができる人は、土曜日が休みではなくても
できていたんですよ。
たぶんゆとり教育とはまったく関連は無い話なんですよ。

どうしてこうも教育の現場の話になると全国一律で事を進めようと
するのでしょうか?ゆとり教育でよい成果を上げているところは更にそれを
進めるもよしバージョンアップするのもよいでしょう。
ただしその成果が見られない環境に置かれている地域や学校では見直しを
含めて抜本的な改革を進める。
お互いの良さや問題点を整理しながら修正を加えていくのが
理想だと私は考えます。

文部科学相経験者のお偉い先生方、少しは現場で成果を上げている先生を
観察してみて下さい。
かならずそこからこれからの教育のヒントが隠されているはずです。

私も何人もの偉大な尊敬できる先生をこの目で沢山見てきました。

そして最後は『情熱』この一言につきるでしょう。共通部分で言える事はね。
[PR]

# by ninho | 2007-01-25 00:37  

宝くじスポーツフェア ドリーム・サッカー 日本代表OB 

熊本にてこの週末サッカー思う存分楽しんできました。
土曜日は、午後から熊本の3,4種指導者60名に指導者講習。
ナショナルコーチングスタッフである池内氏のアシスタントとして活動。

非常に熱心な指導者が多くこちらも力が入ります。
女性指導者の数も1割程度かな。
最後の締めはやはりゲーム。非常に白熱していました。

日曜日は朝9時過ぎから午前中いっぱいスクール開催。
ピッチを8ヵ所にわけ色々なメニューを各々でおこない回っていく方法。
100名近い子供達でのサイクルですから10名強を1回14分。
ず~と続いて2時間あまり。相当疲れました。

私の担当はトラップ胸・モモだったのですが、コンビを組んだのが
『ゴルゴン金子』こと金子久さん。
帝京高校時代のヘディングシュートは忘れられませんね。
巨漢(100㌔超)&強面コンビですので子供達はチョット緊張気味かな。

しかし少女の数の多さに驚きました。
ルネッサンス熊本の下部組織の子供達もいましたが、各チームに女の子
が必ずと言ってよいほど居るんですよ。大仁さんも相当喜んでいました。

30分程の昼休みを終えると午後はアトラクションでスタート。
PK合戦、リフティング大会で場を盛り上げながらメインイベントのゲームに。

今回の相手は30才台前半の選手も多く中々手ごわい。
前半0-2で少々OB選手に危機感がみられてきたところで後半は若手主体。
と言っても前園が一番若く、次は菊原志郎、GK岡中その次が私と言った
状態ですのでそう大差は無いのですか…。

どうにかこうにか志郎の技ありゴールやチョウさんこと永島さんの意表を
ついたロングシュートで3-3の同点に持ち込みました。

私はあいも変わらずスライディングと空中戦。
いつまでたってもプレースタイル変わりませんね。そのためか今日は朝から
腰や首に痛みが…。
まぁ次の日に痛みが出るので良しとしておきましょうか。

と2日間強行スケジュールの、でも楽しかったイベント報告です。
[PR]

# by ninho | 2007-01-22 10:11  

全日本大学選手権

準決勝の2試合西が丘で観てきました。

感想は『ウ~ん…』と言ったところです。

チームに対して私が意見を言うのは筋違いですので何も言いません。

しかし春から観てきた選手一人ひとりのレベルアップが殆んど無いのには正直悲しい。GWの伊賀でのフェスティバルに参加したときと変わっていない。
それも止める・パスをすると言った基本部分の精度から。

是非大学を代表するような選手達には猛省してほしいそれが本音です。

期待がある分どうしても厳しい意見になってしまう。

この年代が代表の予備軍であり、代表を脅かすような存在にならなければ
女子サッカーの明日は開けないんだ、頼んだよ!!
[PR]

# by ninho | 2007-01-12 23:53  

JWS

JWSって言う団体ご存知ですか?
http://www.jws.or.jp/
平たく言うとスポーツに関わる女性を支援する団体の事ですが…。

今日この代表である小笠原女史に会ってきました。

さすがに約10年前に何も無いところからこの団体を築き上げ、昨年には
世界女性スポーツ会議を熊本で開催までしてしまうだけの事はあります。

凄いパワーの持ち主でした。そこらの男はタジタジですきっと。

モックなでしこリーグの新たなビジョン作りに欠かせない存在と思い、
意見交換を目的に行ったのですが、

『是非実現しましょう!!時間が勝負よ!』

と逆に説得されてしまうはめに。

しかしこんな強い味方(いろんな意味で…)が近くに居たのに今まで
お願いに行かなかったはナンテ事? 

しかし今日を境にタッグを組んで、女性のスポーツをサッカーと言う切り口
から様々な形で盛り上げて行ければ最高ですよね。

特に五輪予選やワールドカッププレーオフで世間の関心が高まる2007年は
女子サッカー界にとっても新たな門出を迎える年です。

私達リーグ側も準備万端といきたいものです。

乞うご期待あれ!!
[PR]

# by ninho | 2007-01-09 23:57  

高校選手権

ある評論家がこんなことを言っていました。
『高校選手権も節目を迎えている・・・。有望な選手はJクラブ下部組織で
活躍し、高校年代からプロとして活躍している選手も多くなってきた今、
今大会の位置付けが難しくなってきている・・・』

こういう輩が出てくるから悲しい。

Jクラブの下部組織でプロを目指してその近道として頑張る選手がいれば、
部活動で学校の仲間に支えられながら学生生活の集大成として頑張る選手
がいて当然だし、それが日本の良いところだと私は思う。

初が付くチームが準決勝に進めば、高校サッカーのレベルが云々だと言う
人たちよ、自分でチーム持ってみろ、教えてみろ。
どんなに奥が深く指導者としての技量が試させるか分かるはずだ。

決勝に進んだ作陽高校の野村監督とは大学時代の仲間だが、非常に努力
してここまで頑張ってきた素晴らしい奴。
サッカー談義に花が咲くと朝まで行くような男だ。

もし前出のような評論家が言うことを100歩譲って受け入れたとしても、逆に
Jクラブからお誘いの無かった無名の選手達をここまで育て上げてきた手腕を
それこそ手放しで褒めるべきだね。

滝川第二の監督がJクラブに移るのはどうしてだろう?
やはりそこにはJクラブの指導者には足りない『教育者』としての力があるから
じゃないかな。

今回の選手権から何人の選手がJリーガーとして将来活躍できるのだろうか?
またJの下部組織出身の選手が今年何人プロ選手になれるのだろうか?

私は今回の高校選手権を観て、応援席と選手の関係に非常に温かい友情や
学校愛に改めて気付くことができた。

だから部活動の持つ力無くしてはいけないんですよ。共存です。

全国の部活動を指導している先生やコーチの皆さん頑張ってください。
[PR]

# by ninho | 2007-01-06 22:28  

喪中でした…。

昨年4月に母が他界したため新年の挨拶は失礼させてもらいます。

今年はこのブログのタイトル通りまさに『猪突猛進』の年です。
しかし私の年だ~と思いきや、本厄なんですね42歳は…。
心の手綱を締め直して行けと言う教訓と勝手に解釈させてもらいました。

恒例の初詣には自宅近くの氷川女体神社へ。
大宮の氷川神社が男体でこちらが女体との事、非常に由緒正しい神社です。

おそるおそるのおみくじも厄年ながら吉が出て一安心。
今年も一家の無病息災をお願いしてきました。

3月末で私の議員の任期も終わろうとしています。
新しい門出になる2007年、さてどんな年になるのでしょうか?

ただこの気持ちだけは忘れずに行きたいものです。

人に『仕える』の『仕』という字を見て下さい。
人に与える=-(マイナス) だから 人から与えてもらえる=+(プラス)

自分の持っているものを提供する(マイナス)から
相手からそれに余りあるものを貰うことができる(プラス)

この精神が人間の営みの根底になければいけない。

そしてこの『仕』にはもうひとつのメッセージが。

土地(土)やお金(¥)で『幸せ』と書きますが・・・

『仕えて』そして多くの人たちとの出会い(合)による
           
『仕』+『合』での『仕合わせ』

こんな『仕合わせ』に今年も多く巡り合いたいです。

今年もよろしくお願い致します。
[PR]

# by ninho | 2007-01-04 08:42  

議会最終日

最終日です。
県議4年目も残すところあと僅か。
市議から足かけ8年が過ぎようとしています・・・。
知人にも親族にも全く議会人がいない中『猪突猛進』をモットーに
当たって砕けろ精神で歩んできました。
しっかりと足跡を残したと自信を持って言えることがどれだけあるでしょう。

議会派閥の波の中を懸命にもがき、無所属議員の力の無さを払拭すべく
努力を続けてきました。
市議会議員時代は巷で問題になっている政務調査費の公開義務付けを訴え、
また無所属議員の地位向上や会派としての承認を得られるための努力を重ね
その後の無所属議員の道筋を造ることもできました。

スポーツ行政の大切さも毎回毎度訴え続けてきました。

今になって教育界全体で体を動かす大切さ、スポーツの持つ可能性を
認め始めました。さいたま市役所内にあるスポーツ企画課も私が居たと
きにはさぞかし仕事増やしてうるさがられていたことでしょう。

県では埼玉スタジアム事業部やスタジアム管理課も同様に、私が居た
のは相当『目の上のたんこぶ』状態だったのではないでしょうか。

でも職員にも居るんですよね、理解者が。
そんな人にも数多く助けられました。この場を借りて感謝感謝です。

そして今、母校の野外教育の恩師と仲間を募って、子ども達の野外教育
の重要性を世間に広げていく活動を始めます。

子どもが持つ潜在能力を呼び起こす非常に有効な手段であり、問題を
抱えた子ども達に生きる力や問題克服能力を授ける事に非常に多くの実績
を残しています。

この拠点フィールドを埼玉の秩父に設ける準備も着々と進んでいます。

この『人間力って無限大!!』プログラム、是非期待して下さい。

**********************************

今日の全日本女子選手権の試合は見に行けず残念です。
大学生がトップリーグのチームを破り、高校生のチームが同様の相手に互角
以上の戦いをしている。

これはトップリーグとして由々しき問題です。

リーグとしてこの問題について至急に検討する必要がありそうです。

Jリーグのようにリーグに参戦するためのハードルや毎年のリーグ参戦資格
の審議などをドラスティックにおこなえる組織ではない以上、トップリーグの
地位や盛り上がりに一定以上のハードルを設けるすべを持たなければなら
ないのは致し方ないでしょう。

どんな方法があるのか・・・。
しかし頭の痛い問題ですね。
[PR]

# by ninho | 2006-12-22 13:30  

あいにくの雨模様ですが・・・。

日曜日に恒例の育成会餅つきが開催されました。e0091178_12264520.jpg      













あいにくの雨模様でしたが育成会のご父兄だけでなく地域のお年寄り
地域ソフトボールチームの親父さん、スポーツ少年団のスタッフや父兄と
多くの大人の協力で無事盛大におこなうことができました。
e0091178_1236258.jpge0091178_12362137.jpg
e0091178_12363412.jpge0091178_12364879.jpg
e0091178_12371095.jpg
これらの写真ご覧下さい。雨のため体育館で行われた『むかしあそび』イベントの風景です。ベーゴマ・あやとり・ゴム鉄砲・けん玉・その他色々。





子ども達は終わりの時間も忘れ日が落ちるまで遊んでいました。
お年寄りとのふれ合いや真剣な眼差しに私もすっかり童心に返りました。
いい風景ですね。地域の方々には準備や片付け本当に頭が下がる思いです。

しか残念なことにこんな風景の写っていないところでは携帯TVゲームに
いそしむ子どもが居たのも事実です。

やはり家庭の教育がいかに重要か再認識できた一日でもありました。

しかしベーゴマで子どもに勝てなかった自分が情けないって。
[PR]

# by ninho | 2006-12-11 12:52  

久しぶりの更新ですが・・・。

12月議会のスタートです。
決算委員会が先週まであったので長丁場です。

議会の中ではもっぱら来春の選挙の話で持ちきり。

誰が出るとかそっちは対抗馬無しの無風かなど、情報収集に躍起になっている
先生方の多いこと、是非とも有権者にその姿見てもらいたいものです。

私の今後の身の振り方は新年になってハッキリできればと思います。

ギド監督のように勇姿で記者会見といきたいものですか…。

ところでギドと言えばレッズの優勝にまだまだ余韻の残る浦和。

日本初の本当の意味での『ホームタウン』の姿が実証されました。

スポーツの持つ潜在的な能力のすごさに驚かずにはいられません。

これからが大切なのですが、今後の行政とチームの力に期待したいものです。

ところで先日東関道でのサプライズの一枚。
e0091178_13273576.jpg

これってもしかして少年時代の憧れの地球防衛軍(?)のポインター(?)
諸星弾でしたっけ。ウルトラセブンの主人公。

そんな車が走っていたのですよ!!

見るところではその時代の本物のようでした。

誰か詳しい情報ないですかね?
[PR]

# by ninho | 2006-12-05 11:55