A級ライセンス

2日からA級ライセンス取得のため清水のJステップに。
実技も多く、最近なまった体が持つか心配。

C級からこの講習を受けてきたけれど、大変充実した内容になっている。
他のスポーツではここまで制度化され、内容の濃いものはおこなっていないのではないだろうか。

内容もさることながら、何度かの講習を通してたくさんの指導者仲間を全国に増やすことができた。
女子のトレセンで全国へ行く際も、行く先々でその仲間の歓迎を受け、大変ありがたく感じている。

また、その地でのスポーツ環境や活動などの取り組みも紹介してもらうことができ、議員としても大変心強い存在となっている。

IT社会となり情報収集などは非常に簡単になってきた現代だが、
生の情報や仲間の知識に勝るものはまだまだなさそうだ。
[PR]

# by ninho | 2005-12-02 05:59  

議員視察も本気で取り組めば大切な活動。

昨日まで県土都市整備委員会の視察で茨城・千葉県に。

茨城県では、つくばエクスプレス『TX』の沿線都市整備事業を見てきたのだが、なかなか可能性のある計画で…。
e0091178_17274926.jpg

名付けて
『つくばプロジェクト』

つくば研究学園都市の知的レベルの高さを売りにし、
大学や各種研究施設と住民のコラボレーションを促していくというもの。

確かにつくばと秋葉原間を45分で結び、住宅地の周辺には多くの
緑が残り、駅前の生活環境が整備されれば発展する可能性大。

我が埼玉県も同様の開発がいくつか行われているが・・・。
駅近くなら整備をすれば売れる時代は過去の話。

いかにそこに住もうとする人への満足度を高められるかが勝負の分かれ目。
そう言った意味でも浦和美園駅周辺開発などは面白いんだけどなぁ~。

埼玉スタジアムを核としたアメニティタウン。
生涯スポーツをキーワードに医療・福祉・教育も加えた新しいコンセプトを持つ街。

こうした発想を行政もどんどん取り入れていかないと負け組みになるのは間違いない。
そうなればその開発のツケをだれが払わされると言えば・・・。

こうした目を養うために、他を見る重要性あるんですよ。
[PR]

# by ninho | 2005-11-26 17:37  

民間の参入

マンションなどの耐震強度が偽造された問題が、連日マスコミで大きく取り上げられている。
今回の事件を考えてみると、これからの行財政改革に大きな待ったを掛ける問題に進展し兼ねない。
なぜならば、現在行財政の改革をうたう中、様々な事業などで民間の参入を促しているからだ。
確かにコスト意識を高めるためには行政も民間の活力やノウハウを導入する事は、現在の財政状態を考えると避けられない道である。

今回の設計事務所がおこした偽造も、これまでは検査を行うのが自治体の建築主事だったため、水際でチェック機能が働いていた。
しかし、95年の阪神大震災以降、自治体は違法建築物の指導に力を注ぐべきとの声が強まったため、98年の建築基準法改正で99年から民間にも検査が任され始めたと聞く。
民間確認検査機関は現在全国で、財団法人や株式会社など約120あり、6割程度の検査を担っているという。

こうして考えてみると、お役所的に仕事が遅い、気難しいことを担当には言われる、と言ったことがまんざら無駄ではないように感じられてくる。
現に、全国の自治体の施設を、指定管理者制度を導入して民間に管理運営してもらう動きが盛んだ。
埼玉も同様で、現在様々な部局から指定管理者の内定報告が挙がってきている。

確かに、こうした改革を推し進めていく必要があるのは言うまでもない。
ただし、こうした中でも県民・市民の安全性を確保する手立てや投資には手を抜かない最低限のルール作りをしなければ、最後に付けが回ってきてしまうのは自治体である。

今回の事件を教訓に、我が県でも様々な事業で再点検をおこなうべきと早速提案してみた。
[PR]

# by ninho | 2005-11-23 11:04  

冬の見沼田んぼ西縁

e0091178_1254325.jpg毎日の日課である
犬との散歩コース。
朝6時にスタート。

どれだけ遅くに帰っても
次に日の朝、犬は待っている。
しかし、そんな大変さも
忘れさせる小1時間が、
家から歩いて10分の、
ここ見沼田んぼにはある。


この時期には
寒さを和らげてくれる
朝日との対面が待っている。
朝もやの中に感じる空気の新鮮さは格別だ。


こうした自然が残るこの地は素晴らしいの一言。
どうにかこの自然を守って行きたい。
この桜並木を満喫した方も多いだろう。
桜の季節にはまったく違う顔を見せてくれる。

しかしこの地に土地を持つ人には死活問題となる。
こうした保護と活用をいかにバランスよく保つのかが今後の課題。

うれしい話もある。
この西縁、東縁の外側である、見沼の保全に掛からない斜面林について
国・県を中心に様々な知恵を使って保護しようとする動きが出てきた。

散歩の途中にも、いくつもの斜面林が相続などで宅地化されてきたのを見てきた。

後世にこの自然の宝庫を守る義務が私たちにはある。
しかしながら、それにはこの土地を持つ農家や地主の意見も尊重できるものでなくてはならない。

この地に住む住民として、またその地の議員としてやらなければならない大きな仕事である。

ここでの朝の時間は自分を見つめる大切な私の空間でもある。
[PR]

# by ninho | 2005-11-17 13:27  

サッカー指導

今年もこの時期がやってきました。
地元の小学校でのサッカー指導が。

私が子供の頃からある旧浦和市内の学校対抗戦。
市内をいくつかのブロックに分け、その中での代表校を決め、
最後はその代表校同士の戦いまでおこなうもの。
このブロック戦に出る学校代表チームを決めるために
校内の球技大会が行われます。

ミニバスケット・陸上・サッカーと時期によって開催種目が違い、
冬はサッカー。
この授業に外部指導者として参加するのです

このあたりサッカーのまち浦和といわれる所以でしょうね。
こんな対抗戦、旧大宮にも旧与野にも無いそうですから。

指導するきっかけは…
私が小学校時代や中学校時代に先生だった方々が
現在各学校の教頭や校長をされている。
そんな先生からの依頼です。
小中時代問題児だった私にとって、断れるはずがありません。

引退したとたんに声が掛かってかれこれ6年続いてる。
気がつけば、恩師の先生から紹介を受け、様々なところから依頼が
舞い込み、昨年は旧浦和以外からも話があり、指導行くのは10校近く。

2年前から女子の指導にはレイナスの選手も参加してくれていたのだが
今年から彼女たちはレッズの選手。
そう簡単には参加できそうも無い。

学校側は女子の指導に彼女たちの参加を待ち望んでいたのだが
一部の心無い人間から、
『田口のやっている事は議員活動の一環だからと…』
こんな横槍が入ってきた。

そんな声が耳に入った以上、彼女たちに依頼するわけにいかない。
学校には理解していただくしかなさそう。

しかし私としては、どんな横槍が入ろうが後ろ指差されようが、
この活動は続けて行きたい。

なぜって?

子供たちが授業中に見せる真剣な眼差し。

サッカーやってて良かったと、心から感じられる瞬間を
満喫できるんですから。
[PR]

# by ninho | 2005-11-15 18:22  

トライアルFA

e0091178_2247388.jpg

土曜日に上記の活動に行ってきました。

この活動は日本サッカー協会の下、『トライアルFA』制度と称し、
女子サッカーの底辺拡大と活性化を目的として
全国の都道府県サッカー協会から様々な提案を受け、
それを協会がバックアップをして事業として行っていこうと言う取り組みです。

そのうち今回行われたのは、長野県サッカー協会の主催事業で
北信越地域のU-18女子トレセン活動です。
2日間の日程でしたが、どうしても私の都合がつかず、
土曜のみの参加となってしまいました。
場所は長野の菅平で朝10時に集合でしたので、
家を6時に出発し、帰りは夕食後の講義を終えてからで、
家にたどり着いたのは深夜12時を回ってしまいました。

しかし、非常に内容の濃い、そして北信越の指導者の皆様にも
大変お世話になった、大変充実した一日でもありました。

特に各県によって選手のレベルには違いが見られたのですが、
それを補うのに余りある選手たちの取り組む姿勢の高さには驚かされました。

トレーニングのセッションはもちろんですが、
アテネOPの映像を使った夜の講義でも、食い入るような眼差しを
画面に向けていました。

こうした選手の中から次世代の代表が生まれてほしいと願うばかりです。
万が一代表が生まれなくても、こうした活動が女子サッカー普及に
必ず役に立っていくのは間違いなさそうです。

肉体的にきつい一日でしたが、精神的には大満足でした。
スタッフの皆さんありがとうございました。感謝します!!

しかし本当に寒かったです菅平。
もう雪がいつ降ってもおかしくない!!
[PR]

# by ninho | 2005-11-13 22:46  

箱庭完成

e0091178_17485169.jpg
e0091178_17492843.jpg
10月15日に書き込みした箱庭ですが
完成しましたよ。
さすがプロ!!
見てください、この出来栄え。

上の元の箱庭と見比べて下さい。

つるの植物はアケビで、
手前の赤い実がなっているのは
難を転じる『南天』 

真ん中には陶器の皿があり、そこには水が流れる仕掛けに。

これを手懸けた職人さんは、地元の方でサッカー仲間です。
某有名高校サッカー部の選手だった人。

見た目には(失礼ですが)こんな凄腕に見えない、普通の方。

毎日、箱庭での水が流れる音を聞きながら
最高のリラックスタイム満喫させてもらっています。

追伸:お名前はここでは紹介できないので興味ある方はメール下さい。
(費用も非常にリーズナブル)
[PR]

# by ninho | 2005-11-11 18:00  

JFAアカデミー福島

e0091178_9555156.jpg昨日まで3泊4日の日程で、JFAアカデミー福島の最終選考会がJ-VILLAGEにて開催されました。


男子15名、女子20数名の枠に500名を超える応募があったわけですが、さすがにここまで残った選手たちでした。

選考は非常に難しく困難を極め…。









中でも女子においては、新中学1年生から高校1年生までの4学年で各5名程度の選出ですから、優劣が付けづらい。個々の特徴や様々な角度からの選考でも一長一短があり、選考者一人一人の意見にも相違が・・・。

選手たちも大変だったでしょうが、私たちスタッフも疲労困憊の4日間でした。

この事業は福島県や近隣行政・日本サッカー協会が総額50億円もの費用をかける大プロジェクトとなります。

サッカーのみならず、人間形成という場でのエリート育成プランは非常に多くの意味を持つ取り組みで、欧米諸国では様々なカテゴリーにおいて導入されています。

私も選考に加わった者として、力の及ぶ限り今後も協力できればと考えています。
[PR]

# by ninho | 2005-11-07 09:11  

一般競争入札

行財政改革の不思議
この9月議会の下水道事業の施設整備における工事請負契約締結について

下水道の終末処理をする施設で下水の流入量が増え、処理能力が不足してきた。じゃ、そのための処理施設を新設しよう。 がこの案件の趣旨。

この施設は荒川流域の右岸(南部、北部)と左岸、そして中川流域に分かれて設置されている。

これらの施設の増築によって発生した、基礎工事や電気設備の工事が主。

ここで基本的な質問をぶつけてみた。

『基礎工事などはないでしょうが、電気工事などは施設の中で増築していく場合、その時その時の入札で業者が決定されているとの事ですが、電気やその制御をするメーカーが違っても工事における無駄やその後のメンテナンスにおける費用の無駄などはないのですか?』

『特にそのような問題は無いですし、無駄が生じていることもありません。』との答弁。

ちょっと気になったので、その後再度、委員会以外で説明を求めると…。

なんか歯切れが悪い。

そこで、開設以来今までの、これらの施設での電気工事に関係する入札結果を教えてもらうことに。

そこで、ビックリ!

昭和50年代より各々の施設、全て同じ業者(メーカー)が落札している。

どうしてこの回答に2週間も3週間も掛かったか納得です。

どうなっとんじゃこれは?

それも一般競争入札での結果。
また工事積算額の約95%が落札額ですよ。(今回だけで3ヵ所併せて33億円もの工事)

何かあるんじゃないかと思われても仕方ないでしょうねこれでは。

今後この件についてはしっかりと調べさせてもらいます。

『しがらみ』など無縁な私ですから。
[PR]

# by ninho | 2005-10-31 10:09  

Jリーグキャリアサポートセンター(CSC)

昨日はJリーグキャリアサポートセンターの依頼で
横浜マリノスの選手たちに話をしてきました。

JリーグのOBが各チームに回って
現役時代にはどんな心構えが必要か、
引退後のこと(2ndキャリア)を少しでも見つめるべきではと、
少々選手たちにとってはかったるい内容ですが、
そこは山あり谷あり(谷底)の人生を送ってきた私です。

みんな真剣な眼差しで最後まで聞いてくれました。

e0091178_1241302.jpg













写真は一番前で真剣に聞いてくれていた中澤選手。(埼玉三郷出身)

うちの娘がサッカーやっているのですが、好きな選手は
なでしこ選手でなく彼が一番のお気に入り。
どこが?って聞くと、

外国の選手にも負けない力強さと空中戦の強さ!  だって

やっぱり俺の子だ!!

追伸:山瀬選手も河合選手も元気でした。
[PR]

# by ninho | 2005-10-27 12:48