<   2007年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ご報告

この度私こと田口禎則は今春の統一地方選への出馬をしないことを決定しましたので、ここにご報告させていただきます。
 
1999年4月に旧浦和市議会議員として市民の皆様の付託を受け、前回の統一地方選では政令指定都市誕生に伴い、さいたま市緑区から県議会に活動の場を移し、主にスポーツ行政や教育問題に対し全力で取り組んできました。
それまでのJリーガーとしての活動とは全く違う環境でしたが、多くのサポーターの皆さんに助けられ、また時には叱咤されながら沢山の経験を得ることができ、微力ながら8年間議員としての仕事を全うすることができました。

この場を借りてご支援頂いた皆様には心から感謝申し上げます。

今後につきましてはこれまでの経験の中から、スポーツ行政や教育行政、特に義務教育の場面において問題視されている不登校や学級崩壊の問題について何らかの形で携わっていきたいと考えています。

具体的には筑波大学時代の恩師である野外運動学の第一人者、現びわこ成蹊スポーツ大学副学長飯田聡氏が代表を務める『幼少年キャンプ研究会』との連携で、今春より埼玉県秩父に自然教育の拠点施設を整備することを計画中です。

この『幼少年キャンプ研究会』は設立が1969年と古く、環境教育や冒険教育及び不登校児童への働きかけなどに対して非常に高い成果を挙げている団体であり、宮城県花山村には自らキャンプ場を持ち、その実践の場として多くの活用がなされています。

しかし残念なことに関東には教育を目的としたキャンプ場などの施設が乏しいのが現状です。 そこで埼玉秩父と言った素晴らしい自然環境が残る地で、この活動を立ち上げることは非常に多くの可能性を秘めているといっても過言ではありません。

議員活動に対して未練がないといっては嘘になりますが、議員としての立場から一度現場に戻り、額に汗しながら様々な問題を抱えている現代の子供たちと膝を付け合うことで本当の教育を肌で感じてみたいと考えています。

そして一人でも多くの子供達の生きて行く力『人間力』醸成のために役に立てれば幸いです。

今後も今までと同様、皆様の心温まるご支援ご高配を賜りますようお願い致します。
[PR]

by ninho | 2007-02-08 10:31