<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

育児とは何でしょう?

今日の朝刊にこんな読者からの相談が紹介されていました。

******************************
20歳主婦。
近くの夫の実家に、姑と義姉が住んでいます。義父は今春亡くなりました。
義姉は足が不自由で車いすの生活ですが、地域活動にも積極的で、
よく外出しています。
私は3歳の息子と1歳の娘を連れて、夫の実家によく顔を出します。
子どもを2人に預け、息抜きに買い物に行っています。
ところが最近、義姉がこっそり息子と2人で公園に出かけています。
息子がブランコから落ちて泣きながら車いすにしがみついていたと言うことを
近所の友達から聞きました。「危ないから2人だけではやめてほしい」と夫に
伝えてもらいましたが、数日後また出かけていました。何か起きたとき、
子どもを助けることが難しい人に、2人だけで出かけてほしくありません。
姑は義父の死後、体調が悪く相談できません。
夫も、義姉には強く出られません。義姉は頭のいい人ですが、私の気持ちを
どうしてわかってくれないのでしょうか?。
******************************

朝食時の出来事でしたが、この文を目にして腹立たしさや憤りを感じた方も
全国に多くいらっしゃったのではないでしょうか?
100歩譲って、確かに育児が大変なのは私の妻の声からしても理解は
できます。育児ノイローゼや核家族化で主婦への負担が大きくなっている
のも理解します。
しかし、自分の息抜きに障害のある親族に乳幼児の世話を頼み、そして
その世話の仕方に不平不満をつのらせている。

私は誤解を恐れず言います。
『子どもを育てる資格なんかあなた方にはありません。』
こうその夫婦に言ってやりたい。

義姉が地域活動によく参加するとのことですが、日常生活を送るのにも
健常者より何倍も時間や手間を掛けなければいけないはずです。
こうした苦労の中で生活している姿にはまったく気付いていないのでしょう。

もし私の妻が息抜きしたくても決して私の親族の障害がある人には頼め
ないでしょう。そんな大変なことをお願い出来るはずがありません。
これが常識のある人のごく普通の考えではないでしょうか?

こんな相談を新聞に投稿してくる人が現に存在するこの日本の世の中。
非常に大きな問題を抱えていると言っても過言ではありませんね。

驚きの今日の朝の出来事でした。
[PR]

by ninho | 2006-09-27 12:00  

9月議会スタート

今日の朝は思わずネクタイを着けて登庁してしまいました。
めっきり涼しくなったのでクールビズも終わりかと思いきや、
9月いっぱいだったのですね。お恥ずかしい…・・。

補正予算が2億円計上され総額予算1兆7千億円の規模と
なりました。まだまだ無駄の多い埼玉県。
厳しい目でチェック機能を働かしていきたいものです。

その中には公営競技事業特別会計補正予算ってのもあります。
競輪の開催業務に民間業者を選定しその複数年契約に伴う予算措置です。
昨今各市町村が競輪事業から撤退する中、県の役割も大きく
見直す時期に来ています。(私は撤廃すべきの意見です)
その初段階である民間活力の導入です。
この結果次第では撤廃も含めて再度検討する必要がでてきそうですね。

また少し前にこのブログにも取り上げた下水道の終末処理施設の新規の
請負工事の入札結果が報告されました。
昭和の時代から一貫して同じメーカーが工事を落札している問題ですが、
少しずつですが進歩が見られてきたようです。

今回と同様の工事では落札価格が今まで予定価格の95%を下回る事が
なかったのですが、驚くことに93%という数字になったそうです。
たったの2%ですが総額が大きい工事です。効果は大きいですね。
詳しくは資料を整理しその手法などを紹介しながら改めて報告します。

また同処理場の他の電機施設工事でも、それまでの棲み分け業者でない
他の大手業者が参入してきた結果、落札率が今までより10%以上の
ダウンだそうです。

担当の職員はそれはそれで大変でしょうが、この成果は素晴らしいと
言えるでしょう。

*******************************

筑波大学蹴球部、首の皮が一枚つながりました。
学芸大学との試合負け試合かと思われる試合展開ながら怪我のため
10人になっても最後の最後ロスタイムに1点をもぎ取り勝利です。

随分勝ちから見放された状態でしたがこれで選手に余裕が生まれ
自信につながればよいのですが、どうにか頑張ってもらいたいものです。

女子サッカーの話題も一つ。
オールスター戦でのアンケート結果が出てきました。
面白いことに今までにリーグ観戦経験が4試合までの人と5試合以上の
人で大きな違いが見られたことです。

こちらも詳細はリーグのHPなどで紹介していきたいと考えています。
[PR]

by ninho | 2006-09-22 11:52  

我が母校

今日は早めに仕事を切り上げ夢の島に母校の応援に行ってきます。
先週の練習でのアドバイスも少しは効果があったでしょうか?

一度も1部から落ちたことが無いのがOBの自慢です。
崖っぷちから復活への期待感を持っていざ参上です。

夜には良いコメント入れられればよいのですが…。
[PR]

by ninho | 2006-09-20 08:27  

日本トップリーグ連携機構

皆さんもご存知の方が多いと思いますが、私が所属する
日本女子サッカーリーグも日本トップリーグ連携機構に参加しています。

〔参加リーグ〕 
●アジアリーグアイスホッケー実行委員会 
●Vリーグ機構 
●日本ハンドボール機構 
●バスケットボール日本リーグ機構 
●バスケットボール女子日本リーグ機構 
●ホッケー日本リーグ機構 
●日本ソフトボールリーグ委員会 
●ジャパンラグビートップリーグ 
●日本女子サッカーリーグ(Lリーグ)

今週の試合でも試合会場にてアンケートを機構で行い
様々な角度からアマチュアスポーツを検証することになっています。

皆さんには会場にてのご協力よろしくお願い致します。

〔17年度主な事業計画〕 
1.国際競技力向上への協力 
2.リーグの活性化 
  (1)集客協力 
  (2)施設の共同利用 
  (3)広報活動 
  (4)研修会の開催 
3.総合型スポーツクラブ活動への支援事業 
4.選手セカンドキャリア支援の促進 
5.toto販売への協力 
6.その他 

ところで、機構の女子スポーツ団体間で何か企画ができないか提案
したところ他の団体も興味を示してくれてきています。

屋外スポーツと屋内スポーツでオールスター戦を共催したり
選手の交流、合同クリニックなどが具体的に考えられそうです。

他の団体とのコラボレーションは1+1が2ではなく、4にも10にもなる
可能性を秘めていそうです。

女性スポーツを通じてアマチュアスポーツ界が活性する方策を見つけて
いくのは、中々奥が深そうでやりがいのある仕事です。


***********************************************
18日には福島にて代表OB戦が行われます。
久しぶりのゲームですので怪我のないよう頑張ってきます。

e0091178_10174361.jpg




 
 
[PR]

by ninho | 2006-09-16 10:21  

スポーツと政治

先週の週末Jリーグマリノスのホームゲームで、ある党の議員が応援団と
称して政治活動とも取れる行為を集団で行ったそうです。
それもスタジアム内で…。

レッズサポからこの件について意見を聞かれこの事件を知ったのですが、
サッカー関係から議員になった私も非常に残念であり憤りさえ感じています。

サッカーを好きだからといって支持政党まで一緒だなんてことはありえない
でしょうし、更に純粋な気持ちで応援しているチームに政治色がチラつくのは
もっての外だと感じていらっしゃる気持ちよく理解できます。

私の選挙期間中、試合開催日にスタジアムの外の街頭で挨拶をしていた時
多くの応援してくれる人の中には『サポーター(サッカー)を利用している』
とその行動について苦言を述べる人もいたのが事実です。

それが今回スタジアムの中で起きたとの事、想像するだけで吐き気がします。

確かに来年の参議員選挙や総選挙が近づくにつれ私の周りにもキナクサイ
臭いが漂ってきました。
『元レッズの○○○さんに応援頼めないだろうか?』
無理でしょうと返事をすると
『じゃあ元Jリーガーで誰か居ない?有名どころで?』
それもちょっと、と返事をすれば
『田口さんはどうなの?無所属なんだから応援とかサッカースクールとか
問題ないじゃない、協力してよ』
こんな声が埼玉だけには留まらずあちらこちらから聞こえてきます。

スポーツの持つ純粋さ(単純さかな?)を失った時点で興行として行っている
Jリーグやプロ野球の存在価値は無くなってしまうでしょう。

最後の砦、『政治色を持ち込まない』
このキーワードは一チームだけで守るべきことではありません。
リーグ全体として真摯に受け止め対応策を講じるべきでしょう。

それを期待します。

************************************************

日本女子サッカーリーグの総務主事(掃除主務とも呼ばれています)となり
半年が過ぎようとしています。
オールスターもいろいろあったものの無事終了しましたし、大きなトラブルも
無くリーグも進んでいます。
しかし俄然として観客数は一部を除いて低迷したままで、世間での認知度
もさほど上がってはいないのが現状です。

9月に入り来期の試合数や組織などを見直す時期になりました。
これから本当の仕事が待っています。
チームとの折衝やチーム間格差をどう埋めていくのか課題は山積みです。

新規参入希望のチームもちらほら聞こえてきます。
下のリーグとの入れ替え制度なども議題にあげる必要も出てきそうです。

また忙しくなってきました…。
[PR]

by ninho | 2006-09-13 10:53  

母校の観戦

久しぶりに母校である筑波大学蹴球部の応援に同期たちと行ってきました。
中には卒業以来初めて観に来た輩もいましたが、どうにか早稲田大学に
引き分けに持ち込む事ができ、応援に行った甲斐がありました。

しかし自分のチームを観るより心臓に悪い。
なぜなら何を隠そう2部落ちの危機に面しているんですよ、我が母校。
そこでOBへの召集の通達が回ってきた中での応援だったのです。

観る限り確かに内容は悪いです。
チームの核になるプレーヤーも不在のようで、チームがバラバラな状態で
悪いサイクルにはまっている感じです。

試合後に選手達に激励をしたのですが、どうも生気が無い。

しかし所詮私達は応援団、彼らの今後の奮起を期待するしかありません。

部長からは時間のあるとき練習見に来てくれとのリクエストが、どうにか
週1,2回は時間を作って後輩のために一肌脱ごうと思っています。

彼らにも必要なのは意識改革そのものです。

歯車の噛合わせを整えるには、その動きを回転をおこなっているチーム
全体に潤滑油を与えるそれが役目のようです。

しかし筑波までの往復辛そうだなぁ…。
[PR]

by ninho | 2006-09-06 01:51