カテゴリ:サッカー( 3 )

 

バレーボールアカデミー

9月に大阪府東貝塚市にあるバレーボールアカデミーに視察に行きました。
これは、バレーボール協会が今年度から行っている女子中学生を対象にしたエリートプログラム事業で、全国から有望視された選手を全寮制で面倒を見ながら育てていくというもので、日本のスポーツ界では画期的な制度といえます。
東貝塚と聞いてピンと来る方も多いでしょう。
そうです。元カネボウバレーボールチームの施設を流用しています。
学校は近くの公立中学校に行きながら、部活の代わりにその施設でバレーボール協会の選任指導者の下、バレーに打ち込むといったシステムです。

こうした活動をサッカー協会も来年度からスタートさせます。
名称はJFAアカデミー福島で、場所はJ-VILLAGE、こちらは中高一貫指導で男女ともに。
学校はこちらも近くの公立中高に行きながらです。
この事業の一番の悩みは寮生活での日常生活部分で、さまざまな問題を想定しなければならず、またサッカー協会という大きな看板を背負っていることも考えなければなりません。
しかし、この事業が成功すれば、このような動きが様々なスポーツ界にも取り入られ、多くの成果をもたらすのも間違いありません。
欧米諸国やアジアの強豪国、中国、韓国、北朝鮮なども同様なシステムを既に導入してアスリートのエリートを育てています。
こうした意味でもバレーもサッカーも非常に大きな意味合いのある活動をスタートさせました。
e0091178_12164153.jpg

バレーアカデミーでは様々なお話を聞かせてもらい非常に参考になりました。
アカデミーの一期生にも会い練習も見学させてもらいましたが、体はもちろん大きかったのですが、選手全員の笑顔がとても印象的でした。

ガンバレ!!日本 (バレーは『なでしこ』のような名称あるのかな?)
[PR]

by ninho | 2005-10-11 12:22 | サッカー  

九州トレセンIN宮崎

e0091178_111340100.jpg
2泊3日の日程で女子のU-15九州トレセンに指導者として行って来ました。
九州トレセンも2回目ですが、なかなか内容の濃い充実したトレセンで、特に今回は12月にJ-VILLAGEで行われるナショナルトレセン九州代表の選考も兼ねているせいか、選手も非常にモチベーションが高かったように思われます。
九州地区も他地域と同様に県単位での競技人口やレベルの差が大きいために、やもすると指導者の協力や選手の姿勢にもばらつきが出るのですが、九州においてはその心配がまったくのゼロ。
その良い関係の源は・・・

       【芋 焼 酎】

これですきっと。
しかし飲む。九州の人は酒好きばかりなのかもしれませんが、夜な夜なミーティング後は必ず反省会と称して『飲む』
それも皆んな酒がめっぽう強い。
ビールなんかは食前酒じゃなくて『飲前酒』
酔わずに寝ずに、いつまでもサッカー談義に花が咲く。
だけど次の日は皆んなケロッとしてまったく酒が残っている様子無し。これには本当に驚く。
こんな関係ですから、9県全てで非常に仲が良い。
私もその中に混ぜてもらって旧知の友状態。

議員の世界では酒というと脂ぎった良くないイメージがつきものですが、こうした酒の力はある程度は必要かな。
『酒は飲んでも酒に飲まれるな』。

そうそう肝心のトレセン内容ですが、天候にも恵まれ最高のコンディションのもと約90名が参加。
守備では1vs1.2vs2の改善、攻撃ではシンプルな突破の獲得、ボールポゼッション能力の向上などをメインメニューとしておこない、最終日には12月にJ-VILLAGEで行われるナショナルトレセンの選考を兼ねた紅白戦を実施。
将来が楽しみな子も多く、どうこれから伸びていくかが興味深い。

ところで、私にも次回の九州トレセンに向け課題が見つかった。

『内臓、特に胃腸の強化』

明日から毎日飲み行くぞォ!!ってか。  
[PR]

by ninho | 2005-10-10 23:09 | サッカー  

スタジアムビジネス

先進国のイギリスへ、昨年視察に行って来た時の紹介を。
チームはリーズユナイテッド。
試合の前にスタジアムに着いてもゆっくり食事が取れます。
売店で買う焼きそばの光景とは大違い。
e0091178_19262424.jpg

     大衆向けのラウンジでもこの通り。ワイン付きのフルコース。
     チケット付きで5千円位。
e0091178_19264021.jpg

     中堅レベルかなぁ。左の窓の外はピッチがすぐそこ。
     こちらはチケット付きで8千円位。
e0091178_19265131.jpg

     ここはVIP対象のラウンジ。価格未定(普通には買えません)

私が訪れたチームの全てが、スタジアムホスピタリティー(相撲の升席と同じ)に力を入れている。サッカーが単にスポーツだけでなく、文化としての娯楽に認められている証拠。
日本で言えば歌舞伎や舞台を見に行っている感覚かなぁ。
[PR]

by ninho | 2005-10-06 19:45 | サッカー