2010年 06月 26日 ( 1 )

 

大学講師役

早いもので大学で年に数回の講師役を務め始めて6年目。

これまでも様々な思い出がある。
あまりにもうるさいのでめちゃくちゃにハイテンションで喋りまくった講義。
質問攻めに遭い、しどろもどろになった講義。
と言った中でも昨日講義は記憶に残るね。
学生の大半が早朝の代表戦を観ての午前の授業だったから。
中には代表のユニホーム姿の学生も…。
俺も眠かったし…。

現役時代の話をしてもピンとこない学生。当時5,6歳の彼らには仕方ないかぁ。
でもそんな時にはゴールシーンの『汽車ポッポ』ポーズの映像使って掴みはOK!

まぁ内容は相も変わらず…
前半部分が『人生』奈落の底からどう這い上がるか。
後半はスタジアムビジネスについて。

6千人を超す学生にしゃべってきた計算になるが、なかなか好評とも(先生談)
『長期出場停止処分からの復活』
『何が大切なのか、何が必要なのか』
『自分を見つめる鏡の大切さ』

300名が収容できる大講義室でのマイクなしでの講義。
学生の反応は悪くない。

要は大人が若者に対して全身全霊傾けて真剣に対峙すれば変化は起きるって事。
代表戦で見せる若者の盛り上がり、メチャクチャさ。
このパワーに大人が答えられていないだけなんじゃないか。

オヤジの域に片足を突っ込んでいる自分。
でも他のオヤジとは違う!いつでも100%だ。
[PR]

by ninho | 2010-06-26 10:43