2010年 05月 04日 ( 1 )

 

厳しい現実…

GW中の世間の賑わいから大きく出遅れている拓大サッカー部。

3日の国士舘戦も落として5連敗。

泥沼、いや底なし沼かもしれない。みんなでもがき苦しんでる。

しかし何も手応えが無いわけでもない。

選手もそれを感じてくれていると思う。

選手にはいつも言っている。
『後悔』『悔しさ』は違うって。

100%の力を発揮して初めて『悔しさ』を感じる権利があると。

彼らに言ってあげた。『今日の試合は悔しいだろう?』って。

日々精進、そして一歩一歩。大きな笑顔が見られる時は必ず訪れるはずだ!

しかしその反面…

結果に現わしてあげられない自分に腹が立っている。

本当の意味での『戦い』を選手全員に伝えられない未熟さに憤りさえ感じている。

自分自身には『喝っ!』だ。
[PR]

by ninho | 2010-05-04 20:09