2008年 10月 23日 ( 1 )

 

ACL…残念です。

埼スタに息子と行ってきました。久しぶりの父親役です。

息子もサッカー観る目が養われてきたようです。成長している証でしょう。

2人とも前半でのゴールシーン以外は戦々恐々の雰囲気での観戦でした。

私達のように、そんな雰囲気で観ていた観客も多かったのではないでしょうか。

なんせ、バイタルエリア(簡単に言えばDFとMFとの間)に、いとも簡単にボールを運ばれる。

もっと最悪なのは、受けた選手がそのまま前を向いてプレーもできてしまっている。

こんな状態が前半開始から終了までズッーと続いている。

ハッキリ言います。これではどんな試合でも勝てるはずは無い。

息子曰く 『何であんなに能力のある選手が多いのに…』

では逆に、ガンバの選手がそれ以上に走り回っていたのか、力があるのか、外国人の差か?

いえいえ、そんなことは決して無かったですよね。

要はコンセプトがあるかどうか。

一人ひとりの役割から始まり、その前後左右の選手との連携、そしてその一人先の

選手との連動。そして最終的にはチームとしての動き、狙い。

こうした『繋がり・流れ』の面では残念ながらガンバとは雲泥の差がありました。

人よりボールは速く走ります。人の動きに必要なのはスピードよりもそのタイミングです。

そのタイミングを作るのは『コンセプト』そのものです。

私と息子にとって非常に興味深い試合観戦となったのは間違いありません。


帰り道近くのラーメン屋でやけ食いしてしまった。朝から胸焼けが…。
[PR]

by ninho | 2008-10-23 09:22