2006年 09月 06日 ( 1 )

 

母校の観戦

久しぶりに母校である筑波大学蹴球部の応援に同期たちと行ってきました。
中には卒業以来初めて観に来た輩もいましたが、どうにか早稲田大学に
引き分けに持ち込む事ができ、応援に行った甲斐がありました。

しかし自分のチームを観るより心臓に悪い。
なぜなら何を隠そう2部落ちの危機に面しているんですよ、我が母校。
そこでOBへの召集の通達が回ってきた中での応援だったのです。

観る限り確かに内容は悪いです。
チームの核になるプレーヤーも不在のようで、チームがバラバラな状態で
悪いサイクルにはまっている感じです。

試合後に選手達に激励をしたのですが、どうも生気が無い。

しかし所詮私達は応援団、彼らの今後の奮起を期待するしかありません。

部長からは時間のあるとき練習見に来てくれとのリクエストが、どうにか
週1,2回は時間を作って後輩のために一肌脱ごうと思っています。

彼らにも必要なのは意識改革そのものです。

歯車の噛合わせを整えるには、その動きを回転をおこなっているチーム
全体に潤滑油を与えるそれが役目のようです。

しかし筑波までの往復辛そうだなぁ…。
[PR]

by ninho | 2006-09-06 01:51