2006年 08月 03日 ( 1 )

 

自衛隊大宮駐屯基地の視察

e0091178_1232434.jpg化学防護隊、化学学校がこの基地の重要任務
記憶に新しいサリン事件でもここから多くの隊員が除染活動に参加したそうです。

夏場でも完全防護の衣をまとい、日夜有事のために訓練、訓練だそうです。
実際には汚染されているところでは用も足せないためにオムツも装着しての活動。
e0091178_1404092.jpgもちろんその作業車の中は蒸し風呂状態。

国民のためと自分の命を危険にさらしながらの実務到底私にはできそうにありません。




自衛隊の存在や価値自体を否定する声も多いこのご時世
とんでもありません!!
彼らのこうした活動こそが、私達が平和に過ごせる理由なんです。

近い将来化学兵器がこの世から撲滅される日は来るのでしょうか?
[PR]

by ninho | 2006-08-03 01:42