2006年 02月 03日 ( 1 )

 

浦和美園駅周辺開発  ウイングシティ

316ha。
将来の人口予想は+31,200人
総事業費用1,227億円

しかしなんだこの数字は!!
この大きさ、この規模、想像すらできません。

そして今日はその中核を担う
大型ショッピングモールの視察に行ってきました。
e0091178_18332764.jpg


この4月にOPENするイオン。段々と全形が見えてきています。
イオングループ内でも最大級だとか。
敷地面積12ha、延べ床面積9.5万㎡

駐車場台数約3,000台
中にはジャスコ・専門店舗が21店舗
レストラン800席・最大級のフィットネスクラブ
もちろんシネコンもあります。
書籍は35万冊の規模で携帯サイトを使ってお目当ての本が探せる
そんなシステムも導入予定とか。

とにかく凄いの一言。

駅の東側には657戸のマンションも18年中には入居予定。
敷地内には場所柄、テニスコートではなくフットサル場が完備されるとの事。

イオンの北側には19年を目処に172戸の一戸建て分譲も始まる話も。

また、美園駅のロータリー中央部の芝生広場は、埼スタの芝と同様のものをひく計画だとか。

段々とスタジアムの周辺が街となってきています。

そこで私はこの視察でこんな提案もしてきました。

川に架かる橋や駅前道路、公園などに埼スタとのコラボレーションを図った
ネームングライツなどを導入してはどうかと。

街に新しく住む人も利便性はもちろん、街の顔である埼スタとの一体感や
連携を望んでもいるでしょう。

イオングループの方もこうしたコラボレーションをモールの中で作っていくとの話。

サッカーを愛する人間としてはこうした街に住みたいですね。
(ちなみにマンションの最多価格帯は3,600万円との事でした)

しかし懸念材料もあります。
埼スタの試合日とイオンのお客さんがバッティングする
週末の交通渋滞どうなるのでしょうか?
この点については質問してきましたが、問題無いとの答えが。

しかし私はそう思いません。

この点については今後も意見していきたいと思っています。

何はともあれこれからが街作りのスタートです。
インフラの整備も大切ですが、最終的な街の顔になるのは
住む人の笑顔であり、満足度ですよね。
[PR]

by ninho | 2006-02-03 18:46