2006年 01月 09日 ( 1 )

 

高校サッカー

今日の高校サッカー決勝戦を観て一言。

『野洲高校のサッカーが日本の高校サッカーを変える』
こう言っても過言でない戦いぶりでした。

たぶんこの試合を観ていたクラブユース年代の指導者(特にJクラブ)は、野洲高校の勝利に納得していることでしょう。
ポゼッション能力に長け、個々の力を最大限発揮しようとする試合運びには、今までの高校サッカー界に辿り着けなかった部分を見事成し得たわけです。

えてして、勝利を追求するばかりに個々の判断を奪い、リアクションサッカーになりがちだった高校年代のサッカーに、大きな?をもたらすには余りある活躍と言っていいのではないでしょうか。

Jクラブの下部組織がそうしているように、今回の大会を境に、高校サッカー界もこの年代でゴールではないと言う意識を持ちながら強いチームを作ってもらいたいですね。

そうすればユース年代からすぐフル代表選手が生まれるような、欧州サッカーのような時代が必ずやって来るのではないでしょうか。

改めてサッカーの奥の深さを感じさせられたゲームでした。

皆さんはどう感じましたか?
[PR]

by ninho | 2006-01-09 22:14