2005年 10月 10日 ( 1 )

 

九州トレセンIN宮崎

e0091178_111340100.jpg
2泊3日の日程で女子のU-15九州トレセンに指導者として行って来ました。
九州トレセンも2回目ですが、なかなか内容の濃い充実したトレセンで、特に今回は12月にJ-VILLAGEで行われるナショナルトレセン九州代表の選考も兼ねているせいか、選手も非常にモチベーションが高かったように思われます。
九州地区も他地域と同様に県単位での競技人口やレベルの差が大きいために、やもすると指導者の協力や選手の姿勢にもばらつきが出るのですが、九州においてはその心配がまったくのゼロ。
その良い関係の源は・・・

       【芋 焼 酎】

これですきっと。
しかし飲む。九州の人は酒好きばかりなのかもしれませんが、夜な夜なミーティング後は必ず反省会と称して『飲む』
それも皆んな酒がめっぽう強い。
ビールなんかは食前酒じゃなくて『飲前酒』
酔わずに寝ずに、いつまでもサッカー談義に花が咲く。
だけど次の日は皆んなケロッとしてまったく酒が残っている様子無し。これには本当に驚く。
こんな関係ですから、9県全てで非常に仲が良い。
私もその中に混ぜてもらって旧知の友状態。

議員の世界では酒というと脂ぎった良くないイメージがつきものですが、こうした酒の力はある程度は必要かな。
『酒は飲んでも酒に飲まれるな』。

そうそう肝心のトレセン内容ですが、天候にも恵まれ最高のコンディションのもと約90名が参加。
守備では1vs1.2vs2の改善、攻撃ではシンプルな突破の獲得、ボールポゼッション能力の向上などをメインメニューとしておこない、最終日には12月にJ-VILLAGEで行われるナショナルトレセンの選考を兼ねた紅白戦を実施。
将来が楽しみな子も多く、どうこれから伸びていくかが興味深い。

ところで、私にも次回の九州トレセンに向け課題が見つかった。

『内臓、特に胃腸の強化』

明日から毎日飲み行くぞォ!!ってか。  
[PR]

by ninho | 2005-10-10 23:09 | サッカー