議会最終日

最終日です。
県議4年目も残すところあと僅か。
市議から足かけ8年が過ぎようとしています・・・。
知人にも親族にも全く議会人がいない中『猪突猛進』をモットーに
当たって砕けろ精神で歩んできました。
しっかりと足跡を残したと自信を持って言えることがどれだけあるでしょう。

議会派閥の波の中を懸命にもがき、無所属議員の力の無さを払拭すべく
努力を続けてきました。
市議会議員時代は巷で問題になっている政務調査費の公開義務付けを訴え、
また無所属議員の地位向上や会派としての承認を得られるための努力を重ね
その後の無所属議員の道筋を造ることもできました。

スポーツ行政の大切さも毎回毎度訴え続けてきました。

今になって教育界全体で体を動かす大切さ、スポーツの持つ可能性を
認め始めました。さいたま市役所内にあるスポーツ企画課も私が居たと
きにはさぞかし仕事増やしてうるさがられていたことでしょう。

県では埼玉スタジアム事業部やスタジアム管理課も同様に、私が居た
のは相当『目の上のたんこぶ』状態だったのではないでしょうか。

でも職員にも居るんですよね、理解者が。
そんな人にも数多く助けられました。この場を借りて感謝感謝です。

そして今、母校の野外教育の恩師と仲間を募って、子ども達の野外教育
の重要性を世間に広げていく活動を始めます。

子どもが持つ潜在能力を呼び起こす非常に有効な手段であり、問題を
抱えた子ども達に生きる力や問題克服能力を授ける事に非常に多くの実績
を残しています。

この拠点フィールドを埼玉の秩父に設ける準備も着々と進んでいます。

この『人間力って無限大!!』プログラム、是非期待して下さい。

**********************************

今日の全日本女子選手権の試合は見に行けず残念です。
大学生がトップリーグのチームを破り、高校生のチームが同様の相手に互角
以上の戦いをしている。

これはトップリーグとして由々しき問題です。

リーグとしてこの問題について至急に検討する必要がありそうです。

Jリーグのようにリーグに参戦するためのハードルや毎年のリーグ参戦資格
の審議などをドラスティックにおこなえる組織ではない以上、トップリーグの
地位や盛り上がりに一定以上のハードルを設けるすべを持たなければなら
ないのは致し方ないでしょう。

どんな方法があるのか・・・。
しかし頭の痛い問題ですね。
[PR]

by ninho | 2006-12-22 13:30  

<< 喪中でした…。 あいにくの雨模様ですが・・・。 >>