9月議会スタート

今日の朝は思わずネクタイを着けて登庁してしまいました。
めっきり涼しくなったのでクールビズも終わりかと思いきや、
9月いっぱいだったのですね。お恥ずかしい…・・。

補正予算が2億円計上され総額予算1兆7千億円の規模と
なりました。まだまだ無駄の多い埼玉県。
厳しい目でチェック機能を働かしていきたいものです。

その中には公営競技事業特別会計補正予算ってのもあります。
競輪の開催業務に民間業者を選定しその複数年契約に伴う予算措置です。
昨今各市町村が競輪事業から撤退する中、県の役割も大きく
見直す時期に来ています。(私は撤廃すべきの意見です)
その初段階である民間活力の導入です。
この結果次第では撤廃も含めて再度検討する必要がでてきそうですね。

また少し前にこのブログにも取り上げた下水道の終末処理施設の新規の
請負工事の入札結果が報告されました。
昭和の時代から一貫して同じメーカーが工事を落札している問題ですが、
少しずつですが進歩が見られてきたようです。

今回と同様の工事では落札価格が今まで予定価格の95%を下回る事が
なかったのですが、驚くことに93%という数字になったそうです。
たったの2%ですが総額が大きい工事です。効果は大きいですね。
詳しくは資料を整理しその手法などを紹介しながら改めて報告します。

また同処理場の他の電機施設工事でも、それまでの棲み分け業者でない
他の大手業者が参入してきた結果、落札率が今までより10%以上の
ダウンだそうです。

担当の職員はそれはそれで大変でしょうが、この成果は素晴らしいと
言えるでしょう。

*******************************

筑波大学蹴球部、首の皮が一枚つながりました。
学芸大学との試合負け試合かと思われる試合展開ながら怪我のため
10人になっても最後の最後ロスタイムに1点をもぎ取り勝利です。

随分勝ちから見放された状態でしたがこれで選手に余裕が生まれ
自信につながればよいのですが、どうにか頑張ってもらいたいものです。

女子サッカーの話題も一つ。
オールスター戦でのアンケート結果が出てきました。
面白いことに今までにリーグ観戦経験が4試合までの人と5試合以上の
人で大きな違いが見られたことです。

こちらも詳細はリーグのHPなどで紹介していきたいと考えています。
[PR]

by ninho | 2006-09-22 11:52  

<< 育児とは何でしょう? 我が母校 >>