民営化

議会での一議案が委員会の決議を経て承認されました。
『神川温泉保養センターの民営化について』
民営化の背景には、県政改革推進会議の見直し案や県出資法人あり方検討委員会の意見、また埼玉県行財政改革プログラムによって、民営化が望ましいとの最終判断のもと決定。

しかしですよ・・・。

民営化には大賛成ですが、この施設開館してまだ4年です。
建設費もろもろあわせて40億円。
民営化と言っても企業局の事業としては廃止し、民間へ売却との事。

まず問題なのは、なんで4年でなのか。
聞くと構想があったのは平成7年で完成は12年。
この間の5年で、周囲に類似施設ができたから競争が激化した。
当たり前だ。どこにこの類の施設作るのに5年も掛かるの?
『当初は温泉ブームだったので・・・』
バカも休み休み言え!!

で、この責任はどうなるのか?です。
売却しても1~2億円との事。
民間なら責任者クビか会社倒産ってところまで行きますよ。
人の金だから危機感無いんでしょうね、きっと。
こんな行政、無駄無駄、挙げたらきりが無い。

まだまだあります。
次回は私の所属する県土都市整備委員会での?に付き合ってください。

それではまた次回まで。
[PR]

by ninho | 2005-10-08 05:53 | 元議員  

<< 九州トレセンIN宮崎 スタジアムビジネス >>