そう上手くは行かず・・・

昨日の関東大学サッカー(学生の身分で平日試合…?)vs筑波大学

残念ながら1-2での負け。

前半に先取点を取ったまでは良かったが、それ以降は守備一辺倒。
最後の最後に力尽き、残り10分での大逆転劇。

シュート数筑波15本、こちら5本。CK数筑波12本、こちら3本。
この数字が全てを物語っている。

守る意識の高さを求めるとその裏腹に淡白になってしまう攻撃。これでは戦えない。
次節の日曜までにはこの意識の変革をおこなわなければならない。

でも光明の部分もある。
80分間は筑波相手にも戦えたってこと。意識を変える事でできるんだと実証された。

指導者はこうした一つずつの積み重ねを表現し、伝えさせる事が大切である。
真の力は今週末の神奈川大学との試合に試される。
[PR]

by ninho | 2010-05-20 08:39  

<< 雨の平塚競技場 雨模様 >>