「ほっ」と。キャンペーン

大学講師役

早いもので大学で年に数回の講師役を務め始めて6年目。

これまでも様々な思い出がある。
あまりにもうるさいのでめちゃくちゃにハイテンションで喋りまくった講義。
質問攻めに遭い、しどろもどろになった講義。
と言った中でも昨日講義は記憶に残るね。
学生の大半が早朝の代表戦を観ての午前の授業だったから。
中には代表のユニホーム姿の学生も…。
俺も眠かったし…。

現役時代の話をしてもピンとこない学生。当時5,6歳の彼らには仕方ないかぁ。
でもそんな時にはゴールシーンの『汽車ポッポ』ポーズの映像使って掴みはOK!

まぁ内容は相も変わらず…
前半部分が『人生』奈落の底からどう這い上がるか。
後半はスタジアムビジネスについて。

6千人を超す学生にしゃべってきた計算になるが、なかなか好評とも(先生談)
『長期出場停止処分からの復活』
『何が大切なのか、何が必要なのか』
『自分を見つめる鏡の大切さ』

300名が収容できる大講義室でのマイクなしでの講義。
学生の反応は悪くない。

要は大人が若者に対して全身全霊傾けて真剣に対峙すれば変化は起きるって事。
代表戦で見せる若者の盛り上がり、メチャクチャさ。
このパワーに大人が答えられていないだけなんじゃないか。

オヤジの域に片足を突っ込んでいる自分。
でも他のオヤジとは違う!いつでも100%だ。
[PR]

# by ninho | 2010-06-26 10:43  

4年に一度の楽しみ

始まります。
このワクワク感たまらない。

ただ報道だと○○選手のワントップ?
マジ?!考えられない。
だから日本にはCFが育たない。
岡田さんも分かっているはず。
だからこそ本来のCF使ってほしかった。
でもどうにか勝ち点加えてほしい。3とは言わない、1でいいから!
[PR]

# by ninho | 2010-06-14 17:00  

週末のミニキャンプ

総理大臣杯敗退でスケジュールの空いたこの週末に、赤城山ふもとの千年の森J-WINGSで
ミニキャンプを行ってきた。標高も800m代表チームさながらの高地キャンプ(?)
e0091178_9304122.jpg


選手たちは負け続きの中閉塞感が蔓延しているので、その気分一新も含めてのミニキャンプ。
寮も無く部室もなく着替えもいつもグラウンド横のベンチで行う彼らにとって、寝食を共に
して語り合えるにはこうした環境が不可欠。4年生がリードを取って行うミーティングも学年
ごとに校舎が分かれている彼らにとっては日頃からは難しいので貴重な時間。

事前にレポートを書かせたが、こいつ良くチーム観ているなと言った興味深いものや、無記名
だったと事もあり私への痛烈な批判など中々面白いものばかり。
大いに参考にさせてもらうつもり。
まぁ、俺自身は何も変わらないし変われないけどね…。

このきっかけ作りが今週末の法政大学戦に生かせれば良いのだが…。
[PR]

# by ninho | 2010-06-08 09:06  

なでしこジャパンも負けてしまった…。

女子のW杯出場をかけたアジアカップ準決勝
オーストラリアに0-1

次の3決で勝つしかない。中国か北朝鮮。たぶん中国になるはず。

男子のW杯の雲行きが怪しい中、女子は出場権を決勝進出で決めてほしかった。
女子もそう簡単に勝てなくなってきている。

止める・蹴るの精度を上げて、動きの中でのプレーのレベルを上げる。
ポゼッション力を高める。
もちろん間違ってはいない。ただそう考えるとそちらに偏り過ぎるのはいかがなものか?

男子のACLでのJチームの敗退、そして隣国韓国とのいつの間にか大きく溝ができた力の差
真剣に育成段階から見直す時に来たのだと思う。

女子も男子にも言える事…。

もっととんがった選手大切にしようよ。上手いだけでは物足りないよ。闘える選手作ろうよ!
[PR]

# by ninho | 2010-05-27 21:33  

日韓戦を観て…。

非常に残念な結果だったが、前を向くしかないでしょう。

しかし今日の日本は、レベル差は大きいが拓大サッカー部そのもの。
中盤の選手の止める蹴るの能力は日本の方が上でしょう。だが結果は…

ボールに対する執着心・動くことの重要性
ゴールに向かう姿勢・ボールを奪うという気持ち

これだけでああも変わるのがサッカー、そしてこれがサッカーの奥の深さかもしれない
しかしチーム力って凄いもんだ。個々の選手が一つになっている時の強さを見せつけられた。

本番までの20日弱、是非チームの結束力を高めてほしい。
これが予選突破のカギになるはず。

我ら拓大サッカー部は、2勝目を目指し結束力を高めたい!
韓国代表のように怯まず最後まで戦う姿勢を示す事が重要だ。
[PR]

# by ninho | 2010-05-25 01:03  

雨の平塚競技場

またしても…いつもの負けパターン。

前半スタートから戦い方をどこかに忘れてきた選手たち。
ボール際での戦い、寄せ、ハードワーク全てを取って相手の神奈川大学が上。
今の彼らの力には関東一部の他チームに勝るものが少ないのは百も承知のはず。
なのに、チャレンジャーの気持ちを忘れている。

案の定、前半早いうちに失点、そして追加点とベンチもただただ唖然…。
ハーフタイムの叱咤が効いたのか後半は1-1で内容も五分五分。

なぜできないんだろう?なぜやろうとしないんだろう?それも最上級生が…。
この壁にチャレンジする喜びや充実感、これこそが学生スポーツの真髄のはず。

それとも今の若者にはこうした試練を乗り切ろうとする『忍耐力』なんて無いのだろうか?

私は選手たちにいつも言っている。
『やってできない場合は仕方が無い。でも100%やらないで終わるのは卑怯だ!』
なぜか…
試合に出られない選手・雨の中の準備・運営を行う仲間やマネージャーに対して『裏切り』だから。
プロでもない彼らが一番大切にしなければならないのは『個人』ではなく『集団・団結』
これをまとめるのは最上級生の役割のはず。

なのに、こんなゲームだったのに…試合が終わって濡れたスパイクの処理をメンバーに入れなかった後輩にさせている4年生。この心境が俺には理解ができない。怒りを通り越して呆気にとられた。

でもこの試合、下級生に何人か必死にボールを追う姿勢が見られたのはせめてもの救いだった。

と嘆いていても次の試合は待ってはくれない。だから…

日々精進!何歳になっても挑戦だ!続けるのみ!
[PR]

# by ninho | 2010-05-24 11:04  

そう上手くは行かず・・・

昨日の関東大学サッカー(学生の身分で平日試合…?)vs筑波大学

残念ながら1-2での負け。

前半に先取点を取ったまでは良かったが、それ以降は守備一辺倒。
最後の最後に力尽き、残り10分での大逆転劇。

シュート数筑波15本、こちら5本。CK数筑波12本、こちら3本。
この数字が全てを物語っている。

守る意識の高さを求めるとその裏腹に淡白になってしまう攻撃。これでは戦えない。
次節の日曜までにはこの意識の変革をおこなわなければならない。

でも光明の部分もある。
80分間は筑波相手にも戦えたってこと。意識を変える事でできるんだと実証された。

指導者はこうした一つずつの積み重ねを表現し、伝えさせる事が大切である。
真の力は今週末の神奈川大学との試合に試される。
[PR]

# by ninho | 2010-05-20 08:39  

雨模様

女子サッカーリーグでも悩み事多く、今日の天気同様雨模様。
しかしこっちの問題はそう簡単に晴れ間が訪れるとは思えない。
一難去ってまた一難って…企業ならとっくに経営止まってる。

私達なんか氷山の一角でしかなく、もしかするとサッカー界全体の問題かもしれない。

そう思う今日この頃。
[PR]

# by ninho | 2010-05-20 08:00  

ちょっと一言…

参議院選挙での話題に事欠かないのが、知名度高きスポーツ選手の立候補乱立。

私も何を隠そう1999年の統一地方選で市議会議員に出馬し、市議、県議それぞれ1期努めた。
でも私にあの時国政の話が来たらどうだったかね?もちろん断ったでしょうね。

立候補された方々は分かってるのかな?党の公認で出馬する意味を。
政争の道具として『知名度』が利用される事に理解を示しているだろうか?
私にははなはだ疑問だ。

党利党則の考え方をしっかりと受け止めなければならない。これが会派に属する政治家の宿命。

私は『知名度』抜群の方々に是非『無党派』での出馬を期待している。
そんな志のある者いないかな。

そして餅は餅屋の『スポーツ推進党』いや『スポーツ推進議員連盟』でもいいや。
是非作ってほしい。

スポーツの持つ国家を動かすほどの影響力を、是非日本の未来に役立ててほしいね。

そんな動きならサッカー仲間やサポーターもみんな心から応援すると思うんだけどね。
[PR]

# by ninho | 2010-05-16 22:39  

頭痛の和らぐ喜びの結果!

頭痛の話題でご心配いただき感謝致します。
時間を見つけて精密検査に行ってみようと思います。

ところで7戦目にして初勝利です。
その前に初得点です。
それも2得点とも目の覚めるようなファインゴール。

戦い方を今節から変えてみました。
この戦い方が今の選手たちには解り易いようです。

対戦相手の早稲田はサブも含めてほぼJリーグ下部組織が占めており、どう見ても選手の技術力・質、上手さ共に拓大を上回っているのが現実(まぁ、関東1部はどこもそうですが…)

こうしたチームに勝つ事、残り15分での大逆転は大いに自信につながるはず。

試合後選手に言いました。

やり続ける事の大切さ、そして『これでもか!これでもか!』とチャレンジし続ける事が
大きな力になってくるのだと。

これから他のチームが感じていた『勝ち点狙いの相手』から『嫌な相手』に変貌できればいいね。

私は女子のチームを率いていた時にも『いつでも全力』をモットーとしてきた。

拓大サッカー部員が、大学生として100%で取り組む姿勢を大切にし、今後の彼らの人生に
大きな意味を持たせてあげられればと思っている。

今の若者が忘れている『ガムシャラ』感、観に来てみませんか!
[PR]

# by ninho | 2010-05-16 13:30